ご注文はこちらから

【絶対に失敗しない】おしゃれなスタンド花の注文方法を花屋が教えます!

男の子
店員さん

スタンド花は金額を上げれば素敵な花が届くわけではありません!

花屋選びと注文方法が大切だと思うのですよ(`・ω・´)

吉祥寺の花屋「花心」の三枝です(/・ω・)/




開店祝いや移転祝い、ライブや俳優さんの舞台…

そして…

キャバクラのおねえちゃんの誕生日など(`・ω・´)

様々な場面でスタンド花を贈るかと思います!

 

しかし…

その場に合わない残念なスタンド花が多すぎる(;゚Д゚)

そして…

「ここはスタンド花でなく違う花の方が良いな…」って現場にも遭遇します…

特に、受け取った方が迷惑にならないよう気を付けましょう!

 

本記事のテーマは…

絶対に失敗しないスタンド花の注文方法を花屋が徹底的に解説します!

です!

 

スタンド花を注文する前に知っておきたい知識を徹底的にお教えいたします!

この記事を見れば、スタンド花を贈った後に後悔することはなくなるでしょう( *´艸`)

 

それでは、後悔しないためのスタンド花を注文する方法を5つのステップで説明していきます!

ステップ1~4は注文前に絶対に知って欲しい知識になります(長い!)

注文する花屋さんやどんなスタンド花を贈るか決まっている方は、【ステップ5 注文をする】へ飛んでください(/・ω・)/

 

スタンド花以外の花の注文最高の花屋を探している方は下記の記事も参考にしてみてください(/・ω・)/

花をお祝いで注文する時の方法を、予算や種類ごとに花屋が詳しく解説していきます!

おしゃれな花屋の検索方法とは~近くのおすすめ花屋の探し方教えます~

記事を読むのががめんどくさい方は花屋に直接聞いちゃいましょう(/・ω・)/

お問い合わせはこちらから

友だち追加
LINEからのお問合せはこちら

 

はじめに スタンド花とは?メリットとデメリットを解説

大きな花束みたいなスタンド花

スタンド花とは、スタンド花専用のアイアンスタンドにオアシス(吸水フォーム)をセットしてお花をアレンジしたものになります!

フラワーアレンジメントより大きく、お札も大きいことが多いですね(`・ω・´)

 

スタンド花の特性を知るにはメリットとデメリットを理解する必要があります!

贈るべきシーンなどが分かるように解説していきたいと思います(`・ω・´)

これをしっかり理解しておかないと失敗してしまうことも…

失敗したくない人は最低でもここだけは見てください(。-人-。)

 

・スタンド花のメリット

まとめるとこんな感じ(/・ω・)/

・目立って派手!

・胡蝶蘭やフラワーアレンジメントに比べてボリュームが出る

・ほとんどの花屋さんが回収までしてくれる

・個性を出しやすい

はい(/・ω・)/

 

スタンド花の1番のメリットはとにかく目立つということ!

スタンド花が店の前に並んでたら通行人の目線は釘付けです(*´▽`*)

基本、札も大きめに作るので贈った人の名前も目立ちますよ!

 

なので、下記のような方にスタンド花はおすすめなのです!

・新規オープンのため近隣の方に少しでもアピールしてほしい!

・イベントを派手に盛り上げたい!

・贈り主に自分(会社やお店)をアピールしたい!

この3つに当てはまる方はスタンド花を検討しましょう(`・ω・´)

 

続いてはデメリットの説明をしていきます!

こちらのほうが大切なので要チェックです(/・ω・)/

 

・スタンド花のデメリット

まとめるとこんな感じ(/・ω・)/

・大きいので狭い場所には向かない

・花の持ちは1週間くらい(暑い日だと3日も持たないかも…)

・回収が必要なため、配送業者が使えない(回収に別途費用が必要な場合あり)

・花屋選びをミスすると、金額を上げても意味がない

どうでしょうか(/・ω・)/

 

スタンド花の一番のデメリットはとにかく大きいということ!

メリットとデメリットは表裏一体(´・ω・`)

なので…

狭い場所には向かないということです!

置く場所がない、入り口が狭くなって動線の邪魔になるなんてこともしばしば…

サプライズに贈るのもいいと思いますが

スタンド花は贈る前に相手先に確認をしたほうがいいですね!

 

お花の持ちも1週間くらいなので、短期のイベントにはおすすめですが、

開店祝いなどで、花を「プレゼント」したいと考えている方は観葉植物や胡蝶蘭も検討したほうがいいですね!

 

あと、スタンド花は配送業者にお願いできないので、お気に入りのお花屋さんにお願いできないなんてことも…

スタンド花は花屋さんによっては残念な結果になるので、改めてお洒落な花屋探しをする必要がおります!

状況によっては他のお花屋さんに頼んだり、フラワーアレンジメントや花以外の物を贈ることも検討しましょう(/・ω・)/

 

それと…

たまーにですがスタンド花を回収しない花屋がいるので注意しましょう!

必ず注文前にスタンド花の回収もしてもらえるか確認しましょう(`・ω・´)

回収について解説した記事があるので、よかったらチェックしてください!

「スタンド花」や「胡蝶蘭」をお祝いでもらったんだけど、回収や処分はどうすれば良いの?という悩みを解決します!

 

スタンド花を注文する前にこのメリットとデメリットを頭に入れておいてください(`・ω・´)

それでは、具体的な項目に入っていきたいと思います(/・ω・)/




ステップ1 用途と贈る場所を考える

スタンド花
スタンド花画像

ここまで記事を読んでくれたそこのあなた(`・ω・´)

もう一度スタンド花を贈るべきなのか考えてください!

そう…

用途や場所によってはスタンド花でない方がいい場合があるのです(´・ω・`)

まずは前の項目で説明したスタンド花のメリットとデメリットをしっかり理解しましょう!

大きいスタンド花を置けるスペースはありますか?

長期イベントで枯れた花がずっと置いてある環境になりませんか?

はい!

やはりスタンド花がベストだと思った方は続きを見てください(/・ω・)/

 

・スタンド花以外のお花って何があるの?思った人は下記のブログを参考にしてください!

花をお祝いで注文する時の方法を、予算や種類ごとに花屋が詳しく解説していきます!

お花を贈る一番の理由は、花をった相手に喜んでもらうことです!

こんな立派な花を贈った俺(`・ω・´)

ではなく、相手の気持ちになって考えれば間違いはないでしょう(*´▽`*)




ステップ2 お気に入りのスタンド花を探そう

フラワーボード(仮)画像

ここまで読んでいるということは…

スタンド花を贈ることが確定してると思います(`・ω・´)

ところで

スタンド花と言えばどんな花を想像していますか?

最近は本当に色々な種類のスタンド花があります!

バルーンフラワーやドレスを着たようなスタンド花…

他の花屋ですが、ゴスロリの衣装を着たスタンド花なんていうのもありました!

傘がアクセントにすごいかっこよかったです(*´▽`*)

 

そういう僕の花屋【花心】でも少し特殊なスタンド花を用意しています!

Instagramの画像貼っておくので気になる方は是非見てください(*ノωノ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

最近人気のお祝い花はこちら(*´Д`*) 黒い背景に爽やかな白とライトグリーンで行くか、赤と紫のかっこいい感じで行くか… 迷います( ゚д゚) 写真複数入れてるので全体図見たい方は指を横にスライドしてみよう(*´Д`*) こうやってフラワーボードって投稿すると冷やかしの電話来ることがあるのですが注文以外は辞めてくださいね(*´∀`*) #武蔵野市 #吉祥寺 の #花屋 #花心 #インスタ映え #フラワーボード #花束 #ブーケ #花のある生活 #ドライフラワーのある暮らし #フラワーアレンジメント #アレンジメント #お花 #反転 #インテリア #花のある暮らし #お花のある暮らし #花が好きな人と繋がりたい #Japan #Tokyo #flowerstagram #flowers #art #flowerarrangement #bouquet

花心(三枝裕典)(@hanagokoro_gallery)がシェアした投稿 –

どやー(/・ω・)/

フラワーボード(仮)です!

 

さて

様々なスタンド花があってもどんなものがあるのか知らなければ素敵なスタンド花を注文することはできません!

もちろん、

特殊なスタンド花であればあるほど、他の花屋で対応できないことが多くなります…

しかし

こんなイメージでやって欲しいと伝えることはできます!

凝っているスタンド花が多い、声優や俳優のイベントで「普通」のスタンド花を持っていくと

悪い意味で目立ってしまうなんてことも…

そうならないためにもしっかりと調べていきましょう!

 

僕がおすすめするお気に入りのスタンド花の探し方は

ずばり、Instagramです(`・ω・´)

なぜ、Instagramがおすすめかというと

Instagramで映える写真を撮ってる花屋は「意識高い系花屋」だからです!

そんな意識の高い花屋は本当に素敵なスタンド花を作ります(*´▽`*)

検索方法は

Instagramを開く→タグ検索→#スタンド花→探す

これで間違いありません!

バルーンフラワーが良かったら#バルーンフラワーで検索してもいいですね!

もし、素敵なスタンド花を作る花屋さんが贈り先の近くだったら問い合わせもしちゃいましょう!

Instagramってなに?って思った方は10~20代の若者に聞いてくれ(`・ω・´)




ステップ3 予算を決める

フラワーボード(仮)上から見るか、下から見るか…

お客様と良くする会話(/・ω・)/

お客様 「スタンド花っていくらからやってますか?」

花屋  「1万5000円からです」

お客様 「じゃあ、それで」

「それで」じゃなーい(;゚Д゚)

本当に一番低い金額でいいのですか?

たしかにスタンド花は高いです…

ほとんどのお花屋さんの最低金額が1万5,000円~になっています

しかし

その中には配送料、回収費、スタンド代、手間賃が入っているのです…

スタンド花はお花屋さんで花束やフラワーアレンジメントを頼むよりずっと経費が掛かっているので

実は、お花だけの値段でいえば8000円くらいのボリュームしか入っていないのです!

ということは…

プラス8000円払えば倍近いボリュームになるのです!

プラス5000円でも見た目が全然違います…

2段のスタンド花は2万円でやってくれる花屋さんが多いですね!

勿論すべての花屋さんがそうだとは限りませんが、相当大きくなるのは間違いないでしょう!

 

他の人と同じ感じで良いのでしたら最低金額の1万5000円でいいと思います…

しかし

他の人よりも少しでも目立たせたいのであれば1万5000円以上のスタンド花も検討しましょう!

このスタンド花…凄い…って思うレベルは5万円くらいしますね(゚Д゚)ノ




ステップ4 花屋を決める

花心
花心のお店

お気に入りのスタンド花を見つけ、予算も決めたら…

ついに!

花屋を決めていきましょう!

※ここでは簡単に解説していきます。花屋の検索方法について詳しく知りたい方は下の記事をチェックしてください(/・ω・)/

おしゃれな花屋の検索方法とは~近くのおすすめ花屋の探し方教えます~

今まで

「こんな花を贈って欲しい!」

とイメージを伝えたのに出来上がりがなんか違うなんてことありませんか?

それは

花屋によって得意なことやできることが違うからです…

例えば

・アレンジメントや花束がメインの花屋

・ウエディングがメインの花屋

・葬儀がメインの花屋

・安くて量販店タイプの花屋

etc…

 

なので

自分の贈りたいイメージで作れる花屋を探すことが重要なのです!

写真などで気に入ったスタンド花を見つけてもその花屋が作れるとは限りません…

だからこそ、花屋選びの段階で出来上がりが決まると言っても過言ではありません(`・ω・´)

僕が思う花屋を選ぶときの3つのポイントを解説していきたいと思います!

 

・花屋探しポイント① 花を贈りたい場所に近い花屋を探す

お気に入りの花屋がない場合は

花を贈りたい場所に近い花屋がないか探しましょう(/・ω・)/

スタンド花の場合は配送業者にお願いできないため

直接花屋が現場に持っていく必要があります!

できれば花屋~現場の距離が10㎞以内がいいですね!

 

贈りたい場所から遠い花屋を選んでしまうと

別途配送料が掛かったり、場合によっては断られたりすることもあります!

それだけならまだ良いのですが…

渋滞や事故によるトラブルの可能性も高くなるので

指定の時間に花が届かないなんてことも(゚Д゚)ノ

滅多にないことですがそのような事態も頭に入れておきましょう!

 

・花屋探しポイント② Googleで花屋を検索 or Instagramをチェックする

ここで何が言いたいかというと…

花屋が過去に作ったスタンド花の写真をチェックする(`・ω・´)

ということです!

 

ほとんどの人が

【花屋】+【地域名】で検索→ホームページをチェック→写真やホームページの雰囲気をチェック→問い合わせ

という流れだと思いますが

これだと良い花屋を見つけるのに時間がかかってしまいます(´・ω・`)

さらに、ホームページ用の写真って花屋の全力であり、普段作っているお花と少し違うことが多いんですよね…

なので、普段作っている花のテイストを確認する必要があります!

 

そこでおすすめしたいのが

写真を一覧でチェックできるツールを使うということです!

その方法は

Googleで現場に近い花屋を検索して、Instagramで花屋のテイストをチェックする!

です!

ここで、ただ検索するのではなく、Googleで検索することがポイントです(`・ω・´)

Googleマップに写真をたくさん載せてる花屋さんが急増中!

その辺についても別記事で解説してるのでそちらをチェックしてみてください!

おしゃれな花屋の検索方法とは~近くのおすすめ花屋の探し方教えます~

写真は文字の10倍、動画は文字の5000倍の情報量を持っていると言われています。

しかし

動画をやっている花屋なんて僕以外ほとんどいません(笑)

なので

写真で自分が気に入った花屋を探すという方法が一番の近道だと思うのです!

次、いってみよー(/・ω・)/

 

・花屋探しポイント③ 電話の対応で頼むべきなのか判断する

ここの花屋に頼もうかな?

と決まったらメールでも質問や注文ができると思いますが

ぜひ、電話をしてみましょう!

その電話の対応で花屋の良し悪しが分かるからです(`・ω・´)

そのまま電話で注文を考えてる方は、次の項目の【ステップ5 注文をする】を確認しておいてください!

詳しい注文方法についてはそちらで解説します!

 

僕が思う最高の電話対応は

・しっかりと話しを聞いて相談にのってくれる

・わがままを聞いてくれる

・回収日などの必要な情報や注文の流れをしっかり教えてくれる

etc…

要は、スタンド花といえばこれでしょ!と決めつけている花屋ではなく

お客様の話をしっかりと聞いてくれる花屋にしましょう!

そして、足りない情報などをしっかりと教えてくれる花屋なら最高ですね(*´▽`*)

 

あとはフィーリングも大切になるので自分の勘を信じて、お気に入りの花屋をみつけましょう!




ステップ5 注文をする

ここにきてやっと注文です(*ノωノ)

長かった(´・ω・`)

ここからが本番ですよ!

 

この項目では

花屋はどのような情報を欲しがっているのか

どのように注文すれば勘違いなどのトラブルはなくなるか

というお話しを3つのポイントにわけて説明していきたいと思います!

花の注文方法については別記事でも詳しく解説してるのでこちらもチェックしてみてください(/・ω・)/

花を注文する時の方法を、予算や種類ごとに花屋がわかりやすく説明します!

ここでは、スタンド花に特化して説明していきたいと思います!

 

・スタンド花を頼むときの3つのポイント

スタンド花を注文する方法は基本的には花束やアレンジメントを頼む方法と同じです!

ただ少し花の大きさと値段が大きくなっただけです!

怖がらず自信を持って注文していきましょう(/・ω・)/

 

ちなみに電話注文がいいのかメールやFAXがいいのか問題がありますが

最初に電話で話を聞いた後にメールするの流れがよいです!

その説明もしていきます!

 

・配達と回収をしてくれるのかを確認

まず、スタンド花の配達場所と日程を伝えて、配達と回収をやってくれるのかを確認しましょう!

良い花屋さんを見つけ要望も伝えたのに結局配達ができないということも…

なので

スタンド花は配送業者さんにお願いできないので花屋が持っていく必要があるので、必ず最初に確認しましょう!

大事なことなのでもう一度同じことをいいます…

配達場所と日程を伝えてスタンド花の配達と回収をやってくれるのかを確認しましょう!

はい!

ちゃんと回収もしてくれるかを確認しましょう!

はっきりいいましょう…

どんなにセンスが良かったり安かったりしても回収をしてくれない花屋には絶対に頼まないほうがいいです!

なぜなら、お花をもらった人がスタンド花の処分に困るからです!

 

回収をしない花屋は頼まないほうがいい理由は別の記事をみるとわかると思います(/・ω・)/

「スタンド花」や「胡蝶蘭」をお祝いでもらったんだけど、回収や処分はどうすれば良いの?という悩みを解決します!

さて、配達と回収ができるとなったら次のことを伝えましょう(`・ω・´)

 

・「予算」「用途」「雰囲気」を伝える

花屋の立場からいただきたいスタンド花の情報「予算」「用途」「雰囲気」の3つです!

この3つの情報を伝えて後は花屋にお任せしちゃいましょう!

写真などの参考写真を見せるのもいいですね!

 

正直、花の品種や形など細かい注文はしないほうがいいです…

この注文の仕方は花屋の良さを無くしてしまいます…

そして

ほとんどの場合ボリュームが小さくなるか、値段が上がります…

 

あと、写真などを送っときに「これ通りに作ってください」も良くないですね…

恐らく送った写真のスタンド花の劣化版になってしまいます!

写真を送る場合は

「この写真のような雰囲気でかっこよく作ってください」

くらいがいいですね!

 

 

なので、お花のセンスは花屋選びの時点で決まってると思ってください(`・ω・´)

良い花屋だとイメージをうまく引き出して、それを花屋のセンスで表現してくれるでしょう!

 

・札の内容をテキストで伝える

最後にお札に何を書くか伝えましょう!

「花より札が大事なんや!」

っていう人がいるくらい大事な項目になるのでしっかり説明していきます(`・ω・´)

一番お客様にやって欲しいことは…

間違いが無いように必ずテキストで文字を伝えましょう!

電話だと細かいミスの原因になります…

さらに、札が出来上がったら写真で送ってくれる花屋だと安心できますね!

僕は必ずメールかLINEで間違いが無いかお花と札の写真を確認してもらってから配送しています(`・ω・´)

 

札の内容を伝えるときのポイントは

「誰が」「誰に」「なぜ」お花を贈るのかが伝わる書き方を意識すれば間違いありません!

 

基本的にはこの2パターンです!

①祝○○ ○○○〇(送り主の名前)

②祝〇〇 ○○(贈り先の名前)さんへ ○○(送り主の名前)より

 

①は御祝い内容の後に贈り主の名前だけ入れたものになります

一昔前はほとんどがこちらの形でしたね!

【祝開店】や【祝移転】など会社から会社へ贈る少し硬い現場にはピッタリでしょう!

メリットとしては

・送り主の名前を大きく書ける

・贈り主が誰なのか分かりやすい

・贈り先と送り主の会社との繋がりをアピールできる

などがあります!

木札を使って自身の会社名をどーん(/・ω・)/

古き良き札の在り方だと思います!

 

②は御祝い内容の後に贈り先の名前と送り主の名前を入れたものになります

最近はこちらの形も増えつつあります!

【祝御出演】や【祝誕生日】など個人や会社が組織の中にいる特定の誰かへ贈る現場にはこの形になります!

メリットは

・公演の出演者や誕生日など、花を贈る相手を目立たせることができる

・花を贈る自身より相手を立てたいとき

・応援している気持ちが伝わりやすい

などがあります!

最近はこの形のほうが多く、日本人特有の謙虚さが出ていますね(*ノωノ)

基本的には贈り先の名前より送り主の名前を大きくするのですが

逆にしてくれという方も増えつつあります!

そこの指定をしないと送り主の名前のほうが大きくなるので

贈り先の名前を目立たせたい場合は文字の大きさも指定しましょう!

 

あと…

最近は木札ではなくA4の用紙にラミネートしたものや札の背景をおしゃれにすることも多いです!

どんなにお花をおしゃれにしても札がそれに合わない…

なんてことになる可能性もありますのでそこも指定するといいですね!

最近だと

自身で絵を描いてそれを印刷して送って欲しいというお客様も多いです!

とことんこだわりたい人はぜひお願いしてみましょう(/・ω・)/

 

最後に まとめ

書きたいことは全て書きました!

この記事を最後まで見て下さった方はスタンド花で失敗することはないでしょう(`・ω・´)

最後に流れをまとめてみましょう!

①スタンド花のメリットデメリットを理解し、本当に贈るべきなのかもう一度よく考える

②写真を見てお気に入りのスタンド花を見つける

③最低金額ではなく、しっかり予算を考える

④お気に入りの花屋を贈り先の近場で見つける

⑤自身の希望が伝わるように注文をする

はい!

これでも失敗した、もしくは不安だ。…という方がいたら僕に相談してください!

僕がなんとかしてみましょう(/・ω・)/

お問い合わせはこちらから

ご注文はこちらから

LINEから気軽に注文をしたい方はこちらをどうぞ(/・ω・)/

友だち追加
LINEからはこちら

LINEスタンプも発売しているのでよかったらどうぞ(/・ω・)/

画面クリックで購入ページに飛べます(/・ω・)/

 

InstagramやYouTubeなどのSNSもやっているのでよかったらチェックしてやってください(*ノωノ)

花心Instagramはこちらから!

花心YouTubeへはこちらをクリック(/・ω・)/

 

 

そして、この記事が役に立ったと思った方は下記の記事もチェックすると参考になると思います!

「スタンド花」や「胡蝶蘭」をお祝いでもらったんだけど、回収や処分はどうすれば良いの?という悩みを解決します!

花をお祝いで注文する時の方法を、予算や種類ごとに花屋が詳しく解説していきます!

おしゃれな花屋の検索方法とは~近くのおすすめ花屋の探し方教えます~

 

P.S.最高のスタンド花が贈れますように;つД`)

記事をさがす


最新記事

おすすめ記事

  1. ハーバリウム
  2. ネイティブフラワー
  3. 芍薬
回収サービス スタンド花 開業祝い 紫陽花 送別 ライブ 作り方 値段解説 バルーンフラワー お祝い フラワーボード 注文方法 クレジットカード プロポーズ 移転祝い 胡蝶蘭 花束 ドライフラワー 記念日 花屋の探し方 開店祝い シリカゲル ハーバリウム スイートピー 支払い方法 100本バラ 切り花 誕生日 吉祥寺の花屋 花と癒しの体験レポート

LINEでも問合せできます!

LINE@

YouTube

instagram

配達について

花束やアレンジメント、フラワーボードのご注文は24時間受付いたします。
東京23区と武蔵野市周辺は無料配送いたします!もちろん、きちんと回収撤去の費用も込み。後片付けの心配はいりません!


■5000円以上のご注文で送料無料の地域

吉祥寺駅周辺でしたら5000円以上のご注文で送料無料にいたします!

■1万円以上のご注文で送料無料の地域

武蔵野市周辺地域(10キロ圏内)・三鷹市・杉並区・練馬区

■1万5000円以上のご注文で送料無料の地域

武蔵野市周辺地域(15キロ圏内)・中野区・渋谷区・世田谷区・新宿区

■2万円以上のご注文で送料無料の地域

武蔵野市周辺地域(20キロ圏内)港区・中央区・千代田区・文京区・豊島区・北区・板橋区・目黒区・大田区・品川区・江東区・墨田区・台東区・荒川区・江戸川区・葛飾区・足立区

詳しくはこちら

ご注文・お問い合わせはこちらから