ご注文はこちらから

花を注文する時の方法を、予算や種類ごとに花屋がわかりやすく説明します!

(*ゝω・*)ノ コンニチワァ☆.: *:・

吉祥寺で一番花が好きな男子と言えば、この僕。

吉祥寺の花屋・花心の三枝です!

最近、よくお客様からもらう質問があるんです。

 

それは、、、

「お花の注文方法」について!

コレについて今日はわかりやすくお伝えしていこうとおもいまーす!

 

・スタンド花の注文方法は別の記事で詳しく解説してますのでよかったらどうぞ(/・ω・)/

【絶対に失敗しない】おしゃれなスタンド花の注文方法を花屋が教えます!

・花屋の探し方を詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ(/・ω・)/

お洒落な花屋の検索方法とは~近くのおすすめ花屋の探し方教えます~

・花束の値段や大きさについて詳しく知りたい方はこちらの記事をチェックしてください(/・ω・)/

花束とは?花屋が値段やサイズまで徹底的に解説していきます!

花束の値段や大きさを教えます!花屋が教える花束の相場とは?

 

意外とみんな知らない花を注文する時の「種類」と「予算感」

お花を注文する前に、

お花の種類と予算感を知ることがすごく重要になります!

花心のお客様でも、よくこんな質問が出ています!

花束とアレンジメントの違いって?

お祝い花って胡蝶蘭以外に何かあるの?

予算感ってどんなふうにつたえればいいの?

たしかに、、、、

いざ、お花を頼みたい!

けど、、

どんな商品をどれくらいの予算感で頼めばいいのかわかんない!( ゚д゚ )!

って方が多いんです。

しっかり提案できるお花屋さんで頼むなら安心ですが

自分でもしっかりと「お花の種類」と「予算感」を把握しておくのが大切です!

 

笑い話でよくあるのが

「旦那(彼氏)から花束を貰ったら仏壇用のお花だったの(笑)」

なんてことも、、、、

笑えない(´・ω・`)

 

ということで!

そんな失敗をしないための花の注文方法を詳しく解説していきます!

【花束】渡した瞬間の破壊力がでかいのはやっぱり花束!

はい!

会心の一撃(/・ω・)/

 

お花はやっぱりいつかは枯れてしまう…

しかし…

一番記憶に残るのは花束なのです\(゜ロ\)(/ロ゜)/

あの頃はお花をくれたのに…

って言われるくらい覚えてもらえます(笑)

 

お勧めのシチュエーションは…

・人前で渡すとき

・コンサートなどの壇上で渡すとき

・他のプレゼントと一緒に渡したいとき

View this post on Instagram

花心(三枝裕典)さん(@hanagokoro_gallery)がシェアした投稿

Instagramに他の花束の写真などあるので要チェックや(`・ω・´)

上の動画は花屋さんが作るときに何を意識して作っているか…

花屋さんの心情が分かると頼むときも役に立つと思います!

大事なのは…

贈る相手の雰囲気だったり、好きな色だったり、、、

相手を喜ばしたいと思う心が一番大切になってきます!

あと…

相手に気持ちを伝えたいのなら

「花言葉」で選ぶのもありですね

例えば、定番のバラ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

100%の愛(*´Д`*) 赤バラ100本は人気ですね! そして…プラス8本にすると花言葉が変わって「結婚してください」になります! 花で気持ちを伝えるお手伝いが出来る花屋っていい職業だなー… … … #武蔵野市花屋 #武蔵野市花束 #武蔵野市フラワーアレンジメント #武蔵野市アレンジメント #武蔵野市お祝い花 #吉祥寺花屋 #吉祥寺花束 #吉祥寺フラワーアレンジメント #108本のバラ #吉祥寺お祝い花 #花心 #吉祥寺 #花屋 #花束 #花のある生活 #ドライフラワーのある暮らし #フラワーアレンジメント #100本のバラ #お花 #インテリア #花のある暮らし #お花のある暮らし #花が好きな人と繋がりたい

花心(三枝裕典)(@hanagokoro_gallery)がシェアした投稿 –

贈る本数や色によって意味が違うの知ってました?

■1本 「一目ぼれ」「あなたしかいない」
■2本 「この世界は二人だけ」
■3本 「愛しています」「告白」
■10本「あなたは全てが完璧」

■赤色 「あなたを愛してます」「愛情」「美」「情熱」「熱烈な恋」「美貌」
■白色 「純潔」「私はあなたにふさわしい」「深い尊敬」「純潔」「清純」
■ピンク色 「しとやか」「上品」「可愛い人」「美しい少女」「愛の誓い」
■緑色 「穏やか」「希望を持ち得る」

参照:薔薇の花言葉知ってる?本数や色で意味が違う薔薇の花言葉って?

と、こんな感じで

気持ちを込めやすいのが花束の特徴って言えるかもしれませんね。

 

花束の平均予算はだいたい3000円〜5000円くらい。金額にかかわらずやっぱり気持ち!

花心で花束を注文されるお客様の平均予算はだいたい3000円〜の方が多いですね。

これくらいの金額だと、渡したときの印象でボリューミーだと思ってもらえるかも

もちろん、花心では1輪200円〜でも販売していますから、

特別な日でなくても、気持ちを伝えたいとおもったら、

花は絶対にオススメですよ(* ̄∇ ̄)ノ

 

・花束についての値段や大きさなど詳しく解説した記事があるのでこちらもチェックしてみてください(/・ω・)/

花束とは?花屋が値段やサイズまで徹底的に解説していきます!

花束の値段や大きさを教えます!花屋が教える花束の相場とは?

 

【フラワーアレンジメント】ちょっと変わったデザインも可能!花瓶もいらず、花束よりも花も長持ち!

さて、花束よりももっと形にこだわりたい!

となったら、フラワーアレンジメントがいいかも。

おすすめのシチュエーションは

・開店や移転のお祝い

・控室などに置く楽屋花

・花瓶があるかわからない方へ花を贈りたいとき

などです(/・ω・)/

 

この投稿をInstagramで見る

 

アガパンサス(*´Д`*) めっちゃ良い仕事します! おー! いいねー! ピンクッションも! いいねー! バラも… いい(*゚▽゚*) そして… 僕が作ったアレンジメントも… いい出来ではないでしょうか(*´Д`*) #武蔵野市 #吉祥寺 の #花屋 #花心 #インスタ映え #アガパンサス #オンシジューム #花束 #ブーケ #花のある生活 #ドライフラワーのある暮らし #フラワーアレンジメント #アレンジメント #お花 #反転 #インテリア #花のある暮らし #お花のある暮らし #花が好きな人と繋がりたい #バラ #Japan #Tokyo #flowerstagram #flowers #art #flowerarrangement #bouquet

花心(三枝裕典)(@hanagokoro_gallery)がシェアした投稿 –

水が染み込んだスポンジを器に入れて、花を刺して作るので、

こだわりの形が実現!!!

そして、、、もともとスポンジに刺さっているので、

もらった方に花瓶を用意してもらう必要がない、、、なんと、器いらず!!

そのまま飾れるのは、贈ってもらった側もラクですよね〜。

 

 

フラワーアレンジメントの平均予算はだいたい3000円〜10000円くらい。費用対効果が一番高いのはこれかも?

アレンジメントの方がボリュームが少なくてお高いんでしょ?

と思っているそこのあなたに朗報です(`・ω・´)

確かに花束に比べると一回りくらい小さくなってしまいがちですがメリットもたくさんです!

アレンジメントの一番いいところは、何と言っても「長持ち」なところ。

1週間くらいはずーっとキレイなことも。

花瓶に生ける必要もないので、世話も水をかけるだけで楽チン。

もらった人になが〜く生花を楽しんでもらえる。

これがアレンジメントの良いところかもですね。

そして、お花も自由な形にできるので

少ない花材でボリュームをだすこともできるのです!

【スタンド花・フラワーボード】イベントなどのお祝いに送るならこれ!

開店祝いや、舞台のお祝い花ならこれ!

スタンド花・フラワーボード!

View this post on Instagram

花心(三枝裕典)さん(@hanagokoro_gallery)がシェアした投稿

よく「いいとも」(ちょっと古いw)でゲストが出た時にずらっとならんでいたアレですね。

贈る人の名前のフダが花につくものですね。

ということは。。。。

センスが非常に求められるのがこのジャンル!

花心ではあなたの名にかけて

「フラワーボード」を気合いを入れて作らせていただきますよ・。+・゜★・。・☆・

もちろん、通常のスタンド花も素敵ですのでよろしくどうぞ(/・ω・)/

 

スタンド花の注文については、別の記事があるので詳しく知りたい方は参考にしてください(/・ω・)/

【絶対に失敗しない】おしゃれなスタンド花の注文方法を花屋が教えます!

 

スタンド花、フラワーボードの平均予算感は15000円〜。引き取りまでしっかり行ってくれるところを選ぼう!

これらの予算感はだいたい1万5千円から。

ここで一番気にすべき点は、「引き取り料込み」かどうか。ということ。

たまにいるんですよ。お花を持っていくだけで引き取りに行かない花屋さん。

「スタンド花」をお祝いでもらったんだけど回収はどうすれば良いの?という悩みを解決します!

これって、本当に贈る人にとっても、贈られる人にとっても困ると思うんです。

引き取りに来ないと「捨てる」のがめちゃめちゃ大変なんですよ。

下手すると業者にお金を払う羽目に、、、、

だからこそ、もう一度いわせていただく、、、

スタンド花・フラワーボードを贈るなら引き取りもしっかりやってくれる花屋にすること!

もちろん、花心は引き取り料込みでやらせてもらってまーす( ゚Д゚)ゞ

【ハーバリウム】透明感のあるお花の標本!水やりいらずな優等生!

最近流行っているのが、このハーバリウム!

まるで水族館のような浮遊感のあるお花の標本です。

意外と取り扱っている花屋さんは少ない。という印象です。

花心ではプロのハーバリウム作家さんの商品も扱っていますし、

自分で作れるスペースも用意していますよー!

しかも1500円から作れますので、ぜひお気軽に遊びにきてくださいね(o^ω^o)

自宅でじっくり作りたい方は、素材の集め方も動画で説明させてもらったので

ぜひみてみてくださいね〜!

ハーバリウムの平均予算は2500円〜3500円くらい。作家さんのものがオススメ!

 

最近、ホームセンターなんかだと安く取り扱っているところも出ているみたいです。

でも、やっぱりオススメはきちんとした作家さんが作ったもの

花心で扱っているハーバリウムは作家さんのものが多いので、

だいたい3500円くらいのものが多いです。

せっかく長く付き合うことができるものですから、

自分でもなっとくいくくらいキレイなものをおくってあげてくださいね〜!

 

花の注文の仕方を解説

花束画像
花束画像

ここにきてやっと注文です(*ノωノ)

ここまで読んでくださった方は、

花にはどのような種類があって、予算はどのように設定するか理解できたかと思います!

さらに、花屋をどうしようか迷っている方は下の記事を参考にしてください(/・ω・)/

おしゃれな花屋の検索方法とは~近くのおすすめ花屋の探し方教えます~

 

この項目では

花屋はどのような情報を欲しがっているのか

どのように注文すれば勘違いなどのトラブルはなくなるか

というお話しを3つのポイントにわけて説明していきたいと思います!

・花を注文するときの3つのポイント

せっかく花の種類や予算感を知っても

最後の注文の仕方を失敗すると残念な結果になることも(´・ω・`)

そんな失敗をしないためにもこの3つのポイントをしっかりと理解してください!

 

ちなみに電話注文がいいのかメールやFAXがいいのか問題がありますが

最初に電話で話を聞いた後にメールするの流れがよいです!

その説明もしていきます!

 

・自分が贈りたい花の写真を花屋さんに見てもらう

写真はテキストの10倍もの情報量をもっています!

なので、電話や来店して事細かに説明するより写真を一枚見せた方が花屋さんにイメージが伝えやすいです!

もし可能であれば、

花屋さんが過去に作った作品の写真を見せた方が良いですね!

季節によって花の種類は変わるかもですが、似た雰囲気で作ることは可能です!

もし、来店するのが難しかったらメールなどで写真を送れば大丈夫です!

電話では花屋さんの対応や雰囲気を見るくらいにしておいて、

写真を花屋さんに見せてしまうのが一番話が速く進みます(`・ω・´)

 

 

・「予算」「用途」「雰囲気」を伝える

写真でイメージを伝えたら

「予算」「用途」「雰囲気」の3つを伝えるのを忘れないでください!

用途や予算、季節によっては、同じように作れない場合があるからです!

必ずこの3つの情報を伝えて相談するようにしましょう!

 

やはり、写真を送っときに「これ通りに作ってください」だけだと良くないです…

あくまで、写真はイメージと考えておきましょう!

「この写真のような雰囲気でかっこよく作ってください」

くらいがいいですね!

 

ちょっとしたアドバイスなのですが…

花の品種や形など細かい注文はしないほうがいいですね…

この注文の仕方は花屋さんの良さを無くしてしまいます(´・ω・`)

そして

ほとんどの場合ボリュームが小さくなるか、値段が上がります…

 

注文の良い例と悪い例を見てみましょう!

 

良い例

・大輪の赤バラ入れてあとはお任せ

・写真と予算、用途、雰囲気を伝えて、あとはお任せ

・赤の花でかっこよく作って欲しい

etc

 

悪い例

・赤バラのサムライという品種を入れてください

・バラとカスミとカーネーションで作って欲しい

・バラの花だけでハートの形にして欲しい

etc

 

こんな感じですかね?

なので、お花のセンスは花屋選びの時点で決まってると思ってください(`・ω・´)

良い花屋だとイメージをうまく引き出して、それを花屋のセンスで表現してくれるでしょう!

 

 

・札やメッセージカードの内容をテキストで伝える

ここの項目は札を付けようか考えている方だけみてください(/・ω・)/

「花より札が大事なんや!」

っていう人もいるくらい大切な項目になります(`・ω・´)

なので、札やメッセージカードをお願いする場合は、

間違いが無いように必ずテキストで文字を伝えましょう

電話だと細かいミスの原因になります…

さらに、札やメッセージカードが出来上がったら写真で送ってくれる花屋だと安心できますね!

僕は必ずメールかLINEで間違いが無いかお花と札の写真を確認してもらってから配送しています(`・ω・´)

 

札の内容を伝えるときのポイントは

「誰が」「誰に」「なぜ」お花を贈るのかが伝わる書き方を意識すれば間違いありません!

メッセージカードの場合は特にルールはないので安心してください(/・ω・)/

 

札の基本的にはこの2パターンです!

①祝○○ ○○○〇(送り主の名前)

②祝〇〇 ○○(贈り先の名前)さんへ ○○(送り主の名前)より

 

①は御祝い内容の後に贈り主の名前だけ入れたものになります

一昔前はほとんどがこちらの形でしたね!

【祝開店】や【祝移転】など会社から会社へ贈る少し硬い現場にはピッタリでしょう!

メリットとしては

・送り主の名前を大きく書ける

・贈り主が誰なのか分かりやすい

・贈り先と送り主の会社との繋がりをアピールできる

などがあります!

木札を使って自身の会社名をどーん(/・ω・)/

古き良き札の在り方だと思います!

 

②は御祝い内容の後に贈り先の名前と送り主の名前を入れたものになります

最近はこちらの形も増えつつあります!

【祝御出演】や【祝誕生日】など個人や会社が組織の中にいる特定の誰かへ贈る現場にはこの形になります!

メリットは

・公演の出演者や誕生日など、花を贈る相手を目立たせることができる

・花を贈る自身より相手を立てたいとき

・応援している気持ちが伝わりやすい

などがあります!

最近はこの形のほうが多く、日本人特有の謙虚さが出ていますね(*ノωノ)

基本的には贈り先の名前より送り主の名前を大きくするのですが

逆にしてくれという方も増えつつあります!

そこの指定をしないと送り主の名前のほうが大きくなるので

贈り先の名前を目立たせたい場合は文字の大きさも指定しましょう!

 

あと…

最近は木札ではなく、札の背景をおしゃれにすることも多いです!

どんなにお花をおしゃれにしても札がそれに合わない…

なんてことになる可能性もありますのでそこも指定するといいですね!

最近だと

自身で絵を描いてそれを印刷して送って欲しいというお客様も多いです!

とことんこだわりたい人はぜひお願いしてみましょう(/・ω・)/

 

まとめ:相談に乗ってくれる「やさしい花屋さん」に相談・注文しよう!

花を贈るということは、自分の気持ちを贈るということ。

ってことは、やっぱり「話を聞いて相談にのってくれる花屋さん」が一番です。

贈り物のサポーターになってくれそうなそんな花屋さんが見つかればサイコーですよね!

もちろん、花心もみなさんの贈り物のお手伝いをさせていただきます。

しかも、なんと花心は「24時間電話対応」しているんです!!!

どんな時でもお花の相談おうけしますので、

お気軽にご相談くださいね!

 

また花心のLINE@始めましたので。情報お待ちしております(≧▽≦)

LINE@登録の方法など詳しくはコチラ↓↓

LINE@

 

この記事で解決できなかった方は下記の記事もチェックしてください(/・ω・)/

・スタンド花の注文方法についてはこちらをどうぞ(/・ω・)/

【絶対に失敗しない】おしゃれなスタンド花の注文方法を花屋が教えます!

・花屋の探し方を詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ(/・ω・)/

お洒落な花屋の検索方法とは~近くのおすすめ花屋の探し方教えます~

・花束の値段や大きさについて詳しく知りたい方はこちらの記事をチェックしてください(/・ω・)/

花束とは?花屋が値段やサイズまで徹底的に解説していきます!

花束の値段や大きさを教えます!花屋が教える花束の相場とは?

 

それでは、みなさま良いフラワーライフを〜ヾ(*´・∀・

ご注文はこちらから

 

YouTubeでお花のこと、花屋のことなどいろいろ配信していますので、ぜひそちらもご覧ください!
hanagokoroTV

=============

花心(hanagokoro)

〒 180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-33−14
電話:0422-77-6871

定休日:火曜日

花心公式ホームページ
https://heartfelt-flowers.com/

 

map

 

 

配達について

花束やアレンジメント、フラワーボードのご注文は24時間受付いたします。
東京23区と武蔵野市周辺は無料配送いたします!もちろん、きちんと回収撤去の費用も込み。後片付けの心配はいりません!


■5000円以上のご注文で送料無料の地域

吉祥寺駅周辺でしたら5000円以上のご注文で送料無料にいたします!

■1万円以上のご注文で送料無料の地域

武蔵野市周辺地域(10キロ圏内)・三鷹市・杉並区・練馬区

■1万5000円以上のご注文で送料無料の地域

武蔵野市周辺地域(15キロ圏内)・中野区・渋谷区・世田谷区・新宿区

■2万円以上のご注文で送料無料の地域

武蔵野市周辺地域(20キロ圏内)港区・中央区・千代田区・文京区・豊島区・北区・板橋区・目黒区・大田区・品川区・江東区・墨田区・台東区・荒川区・江戸川区・葛飾区・足立区

詳しくはこちら

ご注文・お問い合わせはこちらから