DSC_2206

花屋の裏側お見せします!~レインボーローズのお値段の秘密~

オーバーザレインボー(/・ω・)/

 

フラワーセラピストの三枝です

 

あの幻の花

レインボーローズをご存じでしょうか?

DSC_2206

某お花屋さんでは一本1000円もするという…

なぜそんなにお高いの?(´・ω・`)

このレインボーローズってどうやって作っているの?

今日はそんなお話です(^^)/

 

簡単にいうと

白いバラを染色液で吸わせて染めています!

横のブルーローズも染めているのですが手間が違います

ブルーローズの場合は

白いバラを乾燥させる→染色液に入れる→24時間ほど放置→好きな色合いで抜いて水揚げする

こんな感じですかね?

青の染色液さえ買ってしまえばご自宅でできます(^^)/

ブルーローズといえばサントリーの青いバラが世間で流行りましたよね?

本来バラには青色の色素が遺伝子的に入っていないのですがそれを遺伝子の中に組み込んで作ってしまいました!

すごい技術です( ゚Д゚)

しかし

ほとんど青には見えません(笑)

その技術を使って作られたカーネションの「ムーンダスト」はよく花屋さんでも見かけますが…

DSC_0558

きれいな紫です(/・ω・)/

青の色素が入ることで普通の紫ともちょっと違う不思議で引き付けられる魅力があります(*´ω`*)

そして

この青いバラが作られたことで青いバラの花言葉が変わったのです!

「不可能」から「願えば叶う」へ

この過程が好きでよくお祝いのアレンジメントに入れたりしています(^^)/

話がそれましたが!

次はレインボーローズの染め方です!

白いバラを乾燥させる→茎をたこ足のように染めたい数だけ裂く→茎の先端のそれぞれに色の違う染色液を入れる

以上です(/・ω・)/

後は好きな色に染まったら抜くだけです!

言葉にすると簡単そうだ( ゚Д゚)

細かいところはだいぶ省略していますが(笑)

ブルーローズとの大きな違いは

大量生産できるか

ということだと思います

レインボーローズは一回につき一つしかできませんがブルーローズは一気に何十本もできます

その手間の違いが値段に関わってくるのです!

DSC_2205

しかし

花束にするとかっこいい!

やはり存在感が違います!

染色液ブルーしか持っていないけどレインボーローズ自分でやってみようかな?

少々手間ですが面白そうですね!

ワークショップ形式にしても面白そうですね…

興味のある方はお問合せしてください!

一緒にやりましょう(笑)

ご注文・お問い合わせはこちらから