ご注文はこちらから
ネイティブフラワー

ネイティブフラワーのワンサイドブーケ で、生花とドライフラワーを両方楽しむ

こんにちは!吉祥寺で一番お花好きな花屋「花心」の三枝です(`・ω・´)

すっかり熱中症を心配する季節となってしまいました。
みなさま外にお出かけの際はお花と一緒で、水分しっかり摂取です!!

さて今回は、この暑い時期にとっておきの花『ネイティブフラワー』でワンサイドブーケを作ってみたいとおもいます。
ネイティブフラワーって聞いたことありますか?さてどんな花なんでしょう。

初夏のこの時期がネイティブフラワーのトップシーズン

見た目も名前も野趣あふれる花々が多く、ワイルドフラワーとも呼ばれています。オーストラリアやニュージーランドの南半球で自生する花たち。
他の生花が暑くて日持ちしない今の時期にネイティブフラワーは最盛期を迎えます。
よくドライフラワーになる花で花束を作って欲しいというご依頼がありますが、そんな時にももってこい!!

ネイティブフラワーとドライになりやすい花を集めてワンサイドブーケをつくってみた

プロテア

今回メインとする花『プロテア』は、南国ムード満点のネイティブフラワーです。
ギリシャ神話に出えてくるプロテウスに由来する名前だそうですよ~
超高級花です( ´艸`)
金額の相場として1本1,000~1,500円くらい。
まだまだつぼみの様に見えるかもしれませんが、これ以上はほぼ開きません。

プロテア

こちらは同じプロテアですが、小さいタイプ。
今回は大小使いますよ。

プロテア

 

ウーリーブッシュ

鮮やかなグリーンが映えるネイティブフラワー。古くなると茶色くなってくるので花屋さんで選ぶときは新鮮な緑のものを。ウーリーブッシュドライでもとても人気ですが、なかなかお花屋さんで見かけないかも・・・

スモークツリー

スモークツリー

スモークツリー

こちらのケセランパセランが集まったようなモフモフは『スモークツリー』
もうこれが入るだけで間違いなくおしゃれになる!
花が咲いた後、このモフモフになるそうです。
売っている時点でドライなのか生花なのか見た目で判断付きにくいですが、そんなときはそっとモフモフを触ってみましょう。
しっとりやわらかだったら生花ですよ(*^^*)
後でドライにする場合、水が下がって穂先が垂れてしまった状態で慌ててドライにしてもきれいに仕上がらないので、ぜひ元気なうちに吊るしてください。
スモークツリーを上手く水揚げさせるには、茎の底から縦にハサミを入れ、十字に割りながハサミを入れた状態でグリっと回すと割れが大きくなり水の吸い上げがよくなります。
価格帯は800~900円くらいしますが、1本で十分ボリューミー。

 

ドライになりやすいバラやニゲラの実

バラは今比較的安い時期ですね。
他に今回ニゲラを使いますが、このニゲラの花自体はすぐに散ってしまうんですが、その後実がついて膨らんでくるんです。そして実が茶色になって渋~いクラシカルカラーになるんですよ。花終わったとおもって捨てちゃもったいない!

ニゲラ

さぁいよいよこれらの花材で花束づくりスタートです。

 

ワンサイドブーケづくり開始!

後でドライにするなら茎を長めに作るのがコツ

今回のテーマととして生花で楽しんだ後、ドライにするというミッションがあるので、吊るすのを考えながら茎のは長めに切ります。

 

背景の前にプロテアやバラをグルーピング

片側正面を作るワンサイドブーケなので、背景を安定的に支えるスモークツリーの前に、メインとなるプロテアをおきます。今回は同じ種類のものを近くにおくグルーピングでさしていきますね。
全体の雰囲気に合わせて使うバラは、くすんだクラシカル感ある色にしました。
この3本のバラを三角になるように高さを変えて差します。

最後にアクセントになるものを合わせ完成

ウーリーブッシュはどこにいれてもオシャレですね~
そしてニゲラで高さをだして仕上げます。

最初からドライにする用に束ねる

生花の時点でドライで吊るせるように麻ヒモで巻いて仕上げます。
このまま生花で数日楽しんだあとは、そのまま吊るしてしまえばいいんです!
梅雨の時期ドライになりにくいとおもうかもしれませんが、ま、確かにそうなんですが(;^_^A 暑くなってきてクーラーかけていると空気が乾燥しますので、クーラーの部屋に吊るすとジメっとしたこの時期でもドライフラワーになってくれます。
ドライフラワーの巻き方

麻ヒモのドライ用結び方は、以前YouTubeライブで配信したのがありますので、ぜひ参考にしてみてください。

渋カッコイイ!男性が持っても恥ずかしくない花束

男性が花束を貰うと、持って帰るのが恥ずかしい・・・っていう声よく耳にしますが、この渋さなら全然平気ですよね!
ひとつ問題として、ネイティブフラワーを使うとどうしても単価が高いので高額になってしまいます。

今回ので計算してみますと・・・5千円です。

ネイティブフラワーの作り方は動画でも配信してますので、見てね~~!

今の時期、ネイティブフラワー超オススメです!
花屋さんに立ち寄ったらぜひ探してみて下さいね。

 

YouTubeでお花のこと、花屋のことなどいろいろ配信していますので、ぜひそちらもご覧ください!
hanagokoroTV

それではまた!!

 

花心(hanagokoro)

〒 180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-33−14
電話:0422-77-6871

定休日:火曜日

map

配達について

花束やアレンジメント、フラワーボードのご注文は24時間受付いたします。
東京23区と武蔵野市周辺は無料配送いたします!もちろん、きちんと回収撤去の費用も込み。後片付けの心配はいりません!


■5000円以上のご注文で送料無料の地域

吉祥寺駅周辺でしたら5000円以上のご注文で送料無料にいたします!

■1万円以上のご注文で送料無料の地域

武蔵野市周辺地域(10キロ圏内)・三鷹市・杉並区・練馬区

■1万5000円以上のご注文で送料無料の地域

武蔵野市周辺地域(15キロ圏内)・中野区・渋谷区・世田谷区・新宿区

■2万円以上のご注文で送料無料の地域

武蔵野市周辺地域(20キロ圏内)港区・中央区・千代田区・文京区・豊島区・北区・板橋区・目黒区・大田区・品川区・江東区・墨田区・台東区・荒川区・江戸川区・葛飾区・足立区

詳しくはこちら

ご注文・お問い合わせはこちらから