IMG_2094[1]

超入門!!テラリウムの作り方~ガラスの中の小さな箱庭~

オーシャンゼリゼ(/・ω・)/

 

フラワーセラピストの三枝です

これであなたもパリジェンヌ!

意味わからないと思いますが(・ω・)

パリジェンヌが夢中になっているのです!

そう!

テラリウムに!

パリで人気のテラリウムを作ろう!

IMG_2094[1]

日本でも話題沸騰なので皆さんもご存じだと思います(`・ω・´)

もうフランスで人気ってだけでおしゃれなのに吉祥寺でテラリウムなんていったら…

どうなんでしょう(。´・ω・)?

さて、皆さん昨日のブログは読んでもらえましたか?

そう!

次の流行は原種ベコニアのテラリウムだと!

僕は…

この流行最先端のテラリウム作りたい!

そこで…

テラリウム作ってみた(`・ω・´)

多肉植物で!

いやいやいや(;゚Д゚)

無理だって!

だって原種ベコニア2000円するんですよ?

リスク高すぎ…

はい!

多肉植物で作る簡単寄せ植えテラリウムをお教えいたします(/・ω・)/

 

そもそもテラリウムって何?

最初にテラリウムとはなんぞやという説明をしたいと思います(/・ω・)/

それは

ラテン語のテラ(Terra)とアリウム(Arium)を合わせた造語なのです!

テラは地球、土などを表し、アリウムは空間などの意味がある

つまり!

小さな地球を作るのです!

あなたも神様になったつもりで

テラリウムの作り方行ってみよう(/・ω・)/

まずは、完成画像をどうぞ(・ω・)

IMG_2094[1]]

どうですか?

オシャレでしょ?

要は、テラリウムとはガラス瓶などの容器の中で植物を育てることなんですね(・ω・)ノ

あれだけ説明しておいてなんですが(笑)

 

テラリウムの作り方

さて、

やっと作り方にいきたいと思います(・ω・)ノ

 

必要なもの

IMG_1930[1]

うーん

買いすぎた!

多肉も2つで十分でしたし、ネオコールは土を固める場合でないと必用なかったですね(笑)

作るテラリウムによって用意するものは変わってきますが、今回はこんな感じです(/・ω・)/

あと新聞紙とピンセット、ハサミも用意してください!

とにかく基本以外は、自分の飾りたいものを好きなだけ用意すればOKです(^^)

ガラス瓶は、口が広いものが作業しやすくオススメです!

続いて、植え方に行きます(^^)/

 

園芸用ゼオライトを軽く敷く

IMG_1947[1]

根腐れ防止用の資材です、ご購入に園芸店の店員さんなどに聞いてください(^^)/

乾燥材みたいなものですb!

続いて…

 

排水用の小石を約1㎝敷き詰めます

IMG_1957[1]

(ガラス瓶は穴が開いてないので、この小石で通気をよくします!)

そして…

 

園芸用土を約3/1入れ、手で軽くおしてならす

IMG_1974[1]

土がふわふわしてると植物を入れたとき浮いてしまいます

ついに…

 

多肉植物を植えます

IMG_1994[1]

多肉植物の根が大きかったら少しハサミで切ってください!

ここで…

 

土に水をやる

IMG_2021[1]

多肉を入れる前に水をやるのを忘れてました( ゚Д゚)

本当は水を先にあげてください

さあ

ラストスパートですぞ(`・ω・´)

 

化粧砂いれたりオーナメントいれたり自由にアレンジ

IMG_2078[1]

ポイントは正面を決めてバランスよくし、入れすぎないことです(`・ω・´)

そして…

 

完成

IMG_2094[1]

一枚目の画像と同じ(笑)

いかがですか?

我ながらいい出来じゃないですか(*´▽`*)

さて!

せっかく作った、オリジナルテラリウムなるべく長く楽しみたい!

あなたもそう思ったはず(/・ω・)/

そんなあなたに、

テラリウムの管理方法を紹介します!

 

テラリウムの管理方法

置き場所は

夏は、半日陰、冬は日当たりのよい日向です

水は乾いたら、小石の層が濡れないようにくれてください

なぜ、タップリあげないか…

それは、

ガラス瓶には穴が開いてないので、水が溜まってしまうのです(/ω\)

そんなときは!

風通しのいい場所で乾燥させてね(・ω・)

以上管理方法でした(`・ω・´)ゞ

 

さいごに

オシャレなテラリウムを購入するのもいいですが、

手作りっていいですよね、愛着がわきます(*ノωノ)

今回紹介したのは、多肉植物のテラリウムですが、

植物の種類によっでは、作り方が違ったりします!

奥が深い世界ですね(*´▽`*)

なにか、ご不明な点がありましたら、

お気軽にお問い合わせください(`・ω・´)

ご注文・お問い合わせはこちらから