DSC_0777

アンティーク紫陽花

DSC_0777

フラワーセラピストの三枝です

本日紹介するのは「アンティーク紫陽花」です

紫陽花は6月~7月下旬が見頃で鎌倉ではこの時期は人でいっぱいになります

市場ではほぼ周年ありますが3月下旬頃に出始めてますね

紫陽花にも色々な品種がありますがこのアンティーク紫陽花は私が一番好きな色合いをしています

くすんだ緑に淡くピンクが乗っています

しかし

正直値段がすごいです

こちらおそらく花屋では一本3000円します(笑)

注文するか大きい花屋に行かないと買えないですね…

紫陽花も出始めたばかりなのでもう少しするとお買い得になると思います

これと似た色合いに秋色紫陽花があります

こちらのほうが少し緑が強くクリアな印象があります

紫陽花は同じ品種でも時期や物によって全然色合いが変わるので自分のお気に入りを探すのも面白いですね

DSC_0779

さらに

今回いただいた注文が

シルバーっぽく、くすんだ感じで

とのことで漂白剤につけて色を落としました

長く花を持たせたい、自然な色のまま飾りたい場合にはお勧めしませんがイベント装飾などの1日、2日使用する場合には有効です

普通とは少し違う雰囲気がだせます

ほおずきを漂白剤につけておくと表面がとけてなかの種の部分が透けて見えて面白いですよ!

DSC_0794

こちらが漂白剤につける前と後の紫陽花です

違いがわかりますか?

光の加減もありますがだいぶ白っぽくなりました

ご家庭でやる場合はしっかり水で洗い落してください!

 

今度鎌倉で紫陽花の楽しみ方ってブログ書いてみようかな?

紫陽花好きには鎌倉はお勧めです!

 

紫陽花

・分類 ユキノシタ科

・原産地 日本

・出回り時期 ほぼ周年

・水揚げ 茎を斜めに切り、中心の白い部分を取り除く

ご注文・お問い合わせはこちらから